フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

2014年6月 5日 (木)

6月14日(土)に名古屋でビットコインの講演会など、6・7月の講演のお知らせ

ひとつ前に書いたように、6月6日(金)には大阪の紀伊國屋書店・本町店でビットコインについての講演をします。これを書いている時点で、その講演まで24時間を切っています。

5月29日の東京(共著者トークイベント)、6月6日の大阪に続き、6月14日には名古屋でも「ビットコインについての講演会」をします。その他、6・7月の下旬の土曜日には、資産運用セミナーでも話をします(会場は大阪・名古屋)。
 
★☆★☆★☆★☆★☆
6月14日(土)の講演会は、かつて勤務していた「南山大学・名古屋キャンパス」でおこないます。
★☆★☆★☆★☆★☆
 
詳細はこちらにあります。→ 南山大学によるプレスリリース
 
会場:南山大学(名古屋キャンパス) R棟・1階 フラッテンホール(500 人収容)
日時:2014年6月14日(土) 10:00 〜 11:45
 
講演・第1部
「ビットコインは世界の通貨・金融を変えるか?
──天才数学者ニュートンが生きたイギリスと、江戸時代の日本を参考に考える」
 
講演・第2部(40分)
「ビットコイン投資 vs. NISAで株式投資
──日本の対外赤字と財政破綻に備える資産運用の考え方」
 
※東京・大阪のイベントは書店で開催のため、本を買っていただくことが参加条件でした。しかし、南山大学での講演会は、学生・一般向けで無料です。誰でもお越しください。
南山大学のブックセンターは紀伊國屋書店さんですので、講演会の会場で拙著と、南山大学経済学部の先生方のご著書などが販売され、私の本の購入者でご希望の方には、私がサインをさせていただきます。
じつは、隠れた目玉書籍は、私と南山大学経済学部の現在の学部長である阪本俊生教授の共著『禁欲と強欲 デフレ不況の考え方』で、当日は阪本教授もいらっしゃいますから、2人のサインが可能です。
 
2本立ての講演をするのは、この名古屋の講演会だけです。……明日の大阪でも似たような話をしますが、名古屋では質疑応答なしで講演だけをしますから、講演の時間が大阪と比べて50%増しになっています。
とはいえ、大阪は講談社と私がプレゼントを用意していて、参加者も名古屋よりずっと少ないので、相対的にプレゼント入手の可能性は高いはずです。また、大阪では質疑応答の時間もあります。
 
6月下旬と7月下旬は、ボーナスシーズンに合わせた資産運用セミナーを、ビジネスブレークスルー(BBT)大学の主催でおこないます。ここ数年、このセミナーの講師に招かれていて、どうやら評判がいいようです(銀行や証券会社のセミナーでは決して聴けない話をするからでしょうね)。
 
★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆
 
★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆
 
どうぞよろしくお願いいたします。

2014年6月 3日 (火)

6月6日(金)に、大阪の「紀伊國屋書店・本町店」で『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』出版記念の講演会をおこないます。

★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆
 
今週末の6月6日(金)に、大阪市内の「紀伊國屋書店・本町(最寄地下鉄駅:堺筋本町駅店)」で、『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』出版記念の講演会をおこないます。
今回は、共著者の西田さんはいらっしゃいません(Appleが新しいOSを発表してニュースになっていましたが、その会場で取材中ですので、日本にはいらっしゃいません)。私ひとりで講演をします。
 
演題は……
 
ビットコインは世界の通貨・金融を変えるか?
 ──天才数学者ニュートンが生きたイギリスと、江戸時代の大坂を参考に考える
 
ですが、ボーナスシーズンに入りますので、後半では、「資産運用対象としてのビットコイン」についても話をします。
 
日時:2014年6月6日(金) 19:00~
場所:紀伊國屋書店本町店西側イベントスペース
対象:5月22日発売の講談社ブルーバックス
   『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』
             ご購入のお客様 先着30名様
Photo
 
先週は東京でイベントをおこないましたが、著者2人は、下記のTシャツを着ていました。大阪でも着ます。
2
1_2
なお、出版後にバタバタしていたためですが、Webなどでの告知が数日前から始まったばかりで、おそらく来場者が少ないと予想されます。そこで、講談社がプレゼント用に、上記Tシャツを何枚かもってきてくれるそうです。
私も1枚しかもっていないので、私がほしいのですが、おそらく、質問をしてくれた人へのプレゼントにすると思います。東京では、私がつくった団扇をプレゼントしました。団扇よりTシャツのほうが高価ですが、より恥ずかしいとも思われますので、また団扇をつくって持参しようかとも考えていますが……。
 
どうぞよろしくお願いいたします。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »