フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 吉本佳生『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社、2014年8月20日刊)についての著者コメント(3) | トップページ | 南山学園が野村證券などをデリバティブ損失の件で訴えた! »

2014年8月27日 (水)

吉本佳生『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社、2014年8月20日刊)についての著者コメント(4)

拙著『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』に関連して、CNN.co.jpに掲載された記事にコメントします。
 
 
この記事は「高齢化=経済成長に打撃(経済成長を阻害)」と決めつけていて、下記のように書かれています。
 
「かつてないペースの高齢化は、全地域で今後20年の経済成長に重大な弊害をもたらす」と報告書は指摘。全米産業審議会の統計を引き合いに、今後10年の世界経済成長は急速な高齢化の影響で伸び率が1ポイント近く縮小すると試算した。
高齢化が進めば、経済成長の原動力となる労働人口は減少し、世帯貯蓄が減って世界の投資の縮小が予想される。
 
引用した最後の文にある「世帯貯蓄が減って世界の投資の縮小が予想される」という解説が、完全にまちがっている。不況下では、「貯蓄過剰(貯蓄が大きすぎること)」が根本的な問題で、バーナンキ前FRB議長などがかなり前から「世界経済は貯蓄過剰の状況にある」と強調していました。
 
世界のマクロ経済のバランスとして、生産したモノ・サービスが売れないことが最大の問題ですから、高齢化で、貯蓄を取り崩して消費をしてくれる人口が増えるほうが、景気にはいいのです。
「高齢化」は、企業がこれにきちんと向きあえば、むしろ景気をよくするチャンスになり、経済成長に打撃を与えたりしません。この点を日本のデータから詳細に論じたのが、拙著『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』です。
 
L70jacket
 
長期的な経済成長につながるのはなぜかを説明するのは、ちょっとむずかしいのですが、CNN.co.jpのこの記事でも、「生産性」という言葉が出てきて、キーワードになります。……この話は、機会があれば、いずれご説明します。話が長くなるので、ブログで書くのはむずかしそうですが。
 
《著者コメント(4)終わり……次回に続きます》

« 吉本佳生『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社、2014年8月20日刊)についての著者コメント(3) | トップページ | 南山学園が野村證券などをデリバティブ損失の件で訴えた! »