フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« NHKが「ビッグデータ」について報じたニュースが、ひどすぎる! | トップページ | 広島市安佐北区の自宅で豪雨にあいましたが、無事です。/本日発売の『L70を狙え!』の宣伝用色紙について。 »

2014年8月10日 (日)

吉本佳生『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社、2014年8月20日刊)についての著者コメント(1)

L70jacketobi
昨年の秋に『これから誰に売れば儲かるのか 成長戦略の正しい考え方』(幻冬舎)を出しました。その後半で「シニア女性の消費市場」がこれから急成長することを示しました。
「シニア層の消費」に期待する本は何冊も出ていますが、私がみた本はどれもが「60代」をメインターゲットにしていて、どちらかといえば「男性」を重視している感じです。
しかし、シニア層の人口は「女性」のほうがずっと多く、これから明確に人口が増えるのは、「80歳以上」です。80歳以上では、男性の約2倍の女性がいて、その人口が急増します。日本全体の人口はどんどん減るなかで、シニア女性の人口はどんどん増える。だから、やがて「シニア女性」が日本の消費市場の主役になります。
 
8月20日発売の『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社)では、サブタイトルにある「70歳以上の女性」に焦点を当てています。これを「L70」と呼び、他のどの年齢層の消費者よりも「お店や企業を儲けさせてくれる、ありがたい消費者」であることを、豊富なデータで示しています。
 
他に、50歳以上、60歳以上、65歳以上といったグループ分けも検討しましたが、それよりも70歳以上を選んだのは、60代(60歳代)よりも70歳以上のほうが生活が豊かだとわかったからです。また、70歳を超えたところで、家計の消費がはっきりと「女性主導」になるとわかったからです。
そこで、原則として50代と60代をふくめないことにして、70歳以上を選びました。
 
シニア女性向けにうまく販売して高い利益を稼いでいるお店のなかには、「80代こそが一番儲けさせてくれる顧客です」とおっしゃる方もいらっしゃいます。また、80歳以上という区切のほうが、人口増加の勢いは大きくなります。ですから、80歳以上というグループ分けも考えられるのですが、日本政府の多くのデータは、70歳以上を一括りにしていますし、民間のリサーチ会社は70歳以上を調査対象外にしていることが多いので、70歳以上という区切しか選択できませんでした。
しかし、60代と70歳以上の消費行動には明確な差がみられますから、70歳以上=L70というグループ分けには自信があります。
 
今回も大量のデータを調べて、整理して、いつものように私自身で図表の清書までやって、たくさんの図表を掲載しています。なるべくわかりやすく加工したつもりです。
一番おもしろいデータは、総務省の『家計調査』に基づくものです。年別では最新となる2013年の家計調査の結果は、今年2月に公表されました。これを細かく読みながら整理したのですが、私自身、作業中は驚きの連続でした。L70の消費生活が予想をはるかに超えて、すでにとても豊かだと気づかされました。
 
消費支出の水準だけでいえば、世帯主年齢で「29歳以下、30代、40代、50代、60代、70歳以上」の6つのグループのなかで、一番水準が低く、生活水準が低い世帯ほど高くなるとされる「エンゲル係数」は一番高い。総務省が発表時に「概況」をまとめてくれているのですが、このあたりのデータを強調しますから、それを素直に読むと、70歳以上世帯は生活水準が一番低いと思えてしまいます。
 
ところが、その家計調査のデータをきちんと読み込むと、魔法のような感じで順位が逆転し、70歳以上世帯こそが一番高い生活水準になっているとわかります。また、女性主導になっていることもわかります。
L70(70歳以上の女性)は、全年齢層のなかで一番高価格(=高品質)の食べ物を買います。一番高価格(=高品質)の服や靴を買います。……ただし、女性用の服と靴に限ります。ご亭主のズボンや靴については、じつは一番安いモノを買い、そうした節約で浮いたおカネで、自分の服や食べ物を高く買っているのです。
これは、他ならぬ家計調査のデータにはっきりと出ている事実で、私も本当に驚きました。
 
特任教授として毎週水曜に講義をしている関西大学・会計専門職大学院の大学院生たちや、周囲のいろいろな人たちに、ポイントとなるデータを示しながらこの話をすると、私が直接話をした相手は、みなさん、すぐに納得してくれました。
何人もの大学院生が「うちのおばあちゃんも、食べ物の品質にはすごくこだわっていて、高いモノを食べています」とか「おばあちゃんは高い服を着ています」と、家計調査のデータを裏づけることをいっていました。
 
《著者コメント(1)終わり……次回に続きます》
 
L70jacket
【次回以降の予告】
そして、L70の消費生活はこれからさらに豊かになると予想されます。これも、データの裏づけがあっての予想です。
そもそも、L70の消費は近年伸びていて、これに気づいて対応している企業もあります。
他方で、L70の消費生活の豊かさに気づかずに、高い利益率で稼ぐチャンスを逃している企業もたくさんあるようにみえます。
次回以降、これらの内容についてお話します。
また、本書のカバーイラストは、漫画家の「江口寿史先生」にお願いしました。本当に素敵なイラストです。こうした製作裏話のようなことも、入れられればと思っています。
ただ、次回以降の話の順番は、どうなるかわかりません(決めていません)。
今日は8月10日。8月中は、少しずつこの話の続きを書いていきたいと思います。
 
現時点で本書をネット予約できるところ(……お近くの書店でお買い求めいただければいいのですが、最初の配本は都市部の大型書店に集中しやすいので、そうした書店の近くにお住まいではない方には、著者としてお詫びします。)
 
 
 
 
 
 

« NHKが「ビッグデータ」について報じたニュースが、ひどすぎる! | トップページ | 広島市安佐北区の自宅で豪雨にあいましたが、無事です。/本日発売の『L70を狙え!』の宣伝用色紙について。 »