フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 吉本佳生『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社、2014年8月20日刊)についての著者コメント(4) | トップページ | 新しい本が講談社から出ます »

2014年10月16日 (木)

南山学園が野村證券などをデリバティブ損失の件で訴えた!

あちこちで記事が出ていますね。

ふつうにやったら勝てませんよ。いろいろ問題がありすぎです。
もちろん、証券会社のほうにも問題はある。
とりあえず、私自身は、南山側からでも、野村側からでも、もしご依頼があれば、喜んでアドバイスをしようと思っています。一般投資家に悪影響を与えないかたちでさっさと解決してほしいからです。どちらが勝ってもいい。速やかに、変な影響をもつ事例にならないように決着してほしい。そのためなら、どちらにでもアドバイスはします。有料ですけど。
三井住友銀行相手の金利スワップ裁判では、高裁での逆転を最高裁で再逆転されましたが、野村證券相手の当時の資産運用商品の裁判では、ものすごく実績があるんですよね。私は。おまけに、南山学園のほうの問題点もいろいろと知っています。
いまさら南山学園が勝っても、一般投資家には利益がない。負け方がひどいと、悪影響がある。それを避ける手伝いを私がする必要はないけど、万が一、なにかご依頼があれば、どちらにつくこともありうるし、その場合、一般投資家に不利益にならない決着に協力できればと思っています。
実際には、どちらからも嫌われているから、依頼は来ないでしょう。
あ、メールはこのブログから送れるはずです……どうせ来ないけど、こんな件でいまの特任教員先経由で連絡が来ても困るので、一応、書きました。

« 吉本佳生『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』(日本経済新聞出版社、2014年8月20日刊)についての著者コメント(4) | トップページ | 新しい本が講談社から出ます »