フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

学問・資格

2013年6月 6日 (木)

センター試験を廃止して、代わりの試験を複数回やる案を検討中らしいが……

報道によると、「センター試験の代わりの試験を年複数回」という話が出ているようです。
やめてくれ〜!

第一に、その複数回の試験レベルをピッタリ同じにはできない。す

べてを本気で受けないと、いけなくなるだけ。
年複数回やるなら、すべて高校2年までの範囲でやるとかでないと、相当に変なことが起きやすくなる。でも、それなら高校3年生に教える内容が軽視されてしまうから、試験範囲は回によって異なるだろう。

それなら、範囲が狭い初回にピークをもっていって、高得点を狙うべき(これを防ぐには、前の回ほど試験レベルを高くすればいいが、こういう工夫をする勇気が文科省にあるかどうか)。
結局、高校1、2年からの受験勉強がきつくなる。塾に通って、高校1年のうちに高校2年までの内容を勉強し、初回試験に備えるとか。

おそらく、推薦入試に逃げる学生が増え、やたらに受験勉強をさせられる生徒と、推薦狙いにウエイトを置く生徒に、二極化すると、私は予想します。
そして、初回にピークをもっていって受けても、つぎの試験がたまたま簡単な可能性があるから、そのあとも本気で受けるしかない。

受験産業が儲かる一方で、貧乏な家の子供はますます不利になる。
本人が優秀で親がリッチな生徒が失敗して低レベルな大学に行く可能性は低くなるから、偏差値の高い大学にとっては有利。でも、子供にとっては、受験地獄が強化されるだけの気がします。

あいかわらず、国民の利益でなく、教育産業の利益が反映されやすい意思決定をしていると感じます。……安倍政権の問題というより、日本という国ではいつも起きること。提案している人たちに悪意はないと思うだけに、余計に残念です。