フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2014年1月16日 (木)

『スマホは人気で買うな!』を書くことになった経緯といま書いている本のこと

私の新刊『スマホは人気で買うな! 経済学思考トレーニング』(日経プレミアシリーズ)は、冒頭の数ページをお読みいただくとわかることですが、当初、『戦略思考トレーニング』(日経文庫)の経済学版としてご依頼があったものです。実際のところ、原稿を書き上げ、校正作業に入ったところでは、まだ、日経文庫で『経済学思考トレーニング』として出版の予定でした。原稿は2013年8月末にはほぼ書き終えていて、まだiPhone 5s・5cは発売されていませんでした。

そのあと、校正作業もかなり進んでいたなかで、日本経済新聞出版社から「日経プレミアシリーズでの出版に切り替え、タイトルも変更したい」とのご提案があり、新しいタイトル案をご相談するなかで、タイトルに使えそうなクイズがなかなかみつからないから、「スマホを題材にしたクイズを追加してください」ということになり、スマホに関するクイズとコラムなどを書き足して、完成させました。
★★★★★
執筆開始時点にさかのぼってお話すると、本格的に原稿を書く前にサンプルのクイズをいくつかつくり、日本経済新聞出版社とご相談しました。その前に『戦略思考トレーニング』を読ませていただいたのですが、正直、ほとんど正解がわからない問題の連続で、サンプルをお渡ししたとき、「経済学の勉強をしてもらう本で、これと同じ難易度にすると、おそらく読み通してもらえないので、もっと正解しやすいクイズにします」と申し上げ、ご了承いただきました。
最初は「裁定」のクイズをたくさん入れていましたが、経済現象ではない題材を中心にしていたため、「経済学っぽくない」とのことで、ほとんど削りました。『戦略思考トレーニング』のシリーズは、ページ数が決まっていて、問題数も51問がふつうなのですが、私の場合、ページ数などは守るけれども、問題数はもっと増やしたいとお願いし、また、余分につくって一定数を削除するかたちで選ぶというやり方を認めていただきました。各章で数問ずつ削ってもよかったのですが、かなり多めに作問した(解説も書いていた)ために、裁定の章をほぼ丸ごと削ったうえで、さらに他の章からもあれこれ削って、最後に、スマホに関連した部分を加えました。
★★★★★
ところで、本書の原稿は、別の執筆依頼のご相談にうかがったとき、ついでにご相談したものでした。
もともと、10年以上前に出した拙著『ニュースと円相場から学ぶ使える経済学入門』(日本評論社、2000年)の文庫化のご提案をいただき、そのご相談にうかがった際に、「ところで『経済学思考トレーニング』というのは書けませんか?」というお話も出てきたという経緯があります。
そんなわけで、いま急いで作業しているのは、その文庫化のほうです。マクロ経済も、国際金融も、大幅に変わっていますから、もちろん、全面改定になります。そのなかで、後半部分(ページ数でいえば付録的な部分)のクイズを削除し、新しい内容を書き足すという方針は、最初から決まっています。
それで、削ってしまうクイズ部分について、「これはこれで『経済学思考トレーニング』という企画に使えませんか?」という話になり、先にそちらの原稿を書いたということです。そんな経緯でしたから、最初は、ミクロもマクロもふくめた問題を想定していました。このご相談のときには、解説で図表を使えないという制約を知らなかったからでした。
ところが、解説では図表は使えないということを伝えられ、そこで、マクロの問題はあきらめて、ミクロを中心にしました。おそらく、最初から「『戦略思考トレーニング』のシリーズでは、解説で図表は使えません」と知っていれば、執筆をお断りしたはずで(このことはあとで日本経済新聞出版社にも正直にお話ししましたが)、『スマホは人気で買うな!』は執筆しなかったはずです。
本当に、ちょっとした経緯が、あとで大きなちがいになると、改めて実感しました。

2013年10月13日 (日)

『これから誰に売れば儲かるのか』(幻冬舎)でのデータ分析の裏話

10月9日ごろから全国発売になった拙著『これから誰に売れば儲かるのか』(幻冬舎)について、10月12日の日本経済新聞(朝刊)に広告を出していただいたおかげで、ネット書店では好調な販売となっています。みなさまありがとうございます。

X
多くの大型書店で目立つところに並べていただいたこともあり、広告が出る前日から、丸善・ジュンク堂・文教堂と提携する「honto」の「マーケティング」分野のランキングで「1位」となっており、これに加えて、広告が出た直後には、「Amazon」の「マーケティング・セールス」分野のランキングで「1位」となりました。本当に感謝しております。
Img_4852_2
本書のなかでは、10年後あるいは20年後までの日本の消費市場を考えるためのデータをたくさん提示しています。いちばんのポイントとなるデータは「女性の年齢別の学歴」です。なぜ、学歴なのか、なぜ、女性なのかは、ぜひ本書をお読みください。少しは紹介したいところですが、きちんと手順を踏んでデータを示さないと、納得してもらえない危険性が高いと感じています。
このデータを得るのに、数日苦労しました。なぜなら、学歴についての公的なデータはほとんどが文部科学省が公表している調査のなかにあるはずで、そう思って片っ端から調べても、ほしいデータはみつからず、本当に困ってしまいました。
あきらめかけて、しかし、どんなことをしてもこのデータがほしいと思っていたとき、ふと、すでに集めていたデータを使って調べられると気づきました。文部科学省とは別の省庁のデータだったので、盲点になっていたのでした。データ分析では、「先入観」が失敗につながるという典型例です。みなさまもお気をつけください。